吉田桂子が結婚するかもしれない!?性格は不思議ちゃんなの?

モデルや女優として活躍する吉田桂子ですが、最近放送されているケンタッキーのCMに出演していることもあり、ネットでの検索数が上昇しているようですね。

CMでは、エビの食感を存分に伝える見事な演技を果たしています。

一度見ると、記憶に残るようなしゃべり方はさすがといったところでしょうか。

スポンサード リンク

そんな吉田桂子ですが、ネットで検索をかけてみると「結婚」という関連ワードが表示されますね。

まるで結婚しているような意味に捉えられるのですが、果たして本当なのでしょうか?

そして他にも吉田桂子の性格について詮索する人が多いのか、検索項目に「性格」という関連ワードが表示されていました。

そこで今回は、これら吉田桂子の話題について調べてみました。

人気ブログランキングへ!

結婚するの??

吉田桂子を検索すると表示されるこの「結婚」というワードですが、本当に結婚しているのでしょうかね?

気になってwikiペディアを調べてみたところ、結婚したという情報は記載されていませんでした。

ではなぜ「結婚」というワードが表示されたのでしょうか。

実はこれ吉田桂子が発信した動画、「吉田桂子のひとり芝居シリーズ」に大きく関係しているようです。

この「吉田桂子のひとり芝居シリーズ」についてですが、題名の通り、吉田稽古が一人で芝居をする動画になっているのです。

そしてこの動画の中で、婚活に励む女性を演じているため、検索ワードに「結婚」というワードが表示されたように思えました。

ちなみに動画の冒頭では毎回、はっちゃけた様子の吉田桂子が見られます。

ファンの方にとっては見応えのある動画かもしれないので、気になった方は視聴してみてはいかがでしょうか?

動画はこちら!

ちなみに…

現在の吉田桂子の年齢は31歳となっています。

既に30代に突入しているわけですが、実生活でもそろそろ婚活に励んでもいいのかもしれません。

もちろん、芸能人が婚活パーティなどに参加はできないでしょうけれど、芸能界には芸能界なりの婚活パーティがあるので、そういった集まりに参加すればいいのでは?と思えます。

是非ともそこで、素敵な男性と出会いを果たして欲しいですね。

しかしながら、吉田桂子の場合、交際するにあたり、少し難点があると思えます。

それは彼女の独特の性格です。

話題のブログ記事はこちら!

性格は不思議系なの?

吉田桂子についてですが、ブログや本人が出演している動画を見るとわかるかと思いますが、かなり特徴的な性格をしています。

いわゆる不思議系のようにも思えますし、ただたんにテンションがいつも高いだけなのかもしれません。

いずれにせよ、とにかく明るくハイテンションなように思えました。

そんな吉田桂子と交際するとなれば、なかなか相手を選ぶように思えました。

とてもいい人そうなオーラが出ているのですが、交際して一緒にいると、疲れるタイプに思えました。

スポンサード リンク

しかし、年齢的な事を考えると、さすがにそこは空気を読んで、相手に合わせることができると思います。

それに逆に言えば、一緒にいるだけで、元気をもらえるため、交際する人によっては居心地がいいタイプの女性になるかもしれません。

付き合う上で理想な人を述べるなら、モデルの栗原類がいいかもしれませんね。

片方はポジティブで、もう片方はネガティブですから、足して割ったらちょうどいいと思います。

それに性格は違えど、二人共、どこなく雰囲気は近いものを感じるため、交際したらしたで、良い関係になると思いました。

いずれにせよ、吉田桂子は相手次第で素敵な女性になるりそうですね。

注目のブログ記事へ!

まとめ

  • 検索の関連ワードに「結婚」というワードが表示されるが、吉田桂子は結婚していない。
  • Youtubeで公開している動画で、婚活の女性を演じていることが関係している模様。
  • 性格はかなり特徴的で、テンションが高く、不思議系オーラがでている。

吉田桂子は特徴的な性格のため、苦手な人がいるかもしれませんが、それでも好感を抱く人は多いとおもいます。

ちなみに吉田桂子のブログに、過去に似ていると言われたことがあるキャラクターが掲載されていたのですが、そこには…

グレムリンやファルコン、ファービーなどが挙げられていました。

おそらく愛嬌も込めて、友人から言われたのでしょう。

冗談の言い合える親友がいるというのはいいですね。

これからもそんな友人を大切にしつつ、いつかは素敵な男性との出会いを果たして欲しいと思いました。

以上「吉田桂子が結婚するかもしれない!?性格は不思議ちゃんなの?」についてでした。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ