北川景子にアクションシーンは無理がありすぎる!?ドラマ「探偵の探偵」の視聴率が6.5%に…

女優の北川景子が話題になっているようですね。

というのも北川景子が主演を勤めているドラマ「探偵の探偵」の最新話が自己最低の6.5%の視聴率を叩きだしたため、ニュースになったようです。

ドラマでは北川景子演じる主人公が悪徳探偵を調査する探偵の役を演じる内容となっていますが、この内容にネットでは賛否両論の嵐が巻き起こっているようでした。

もっとも、批判の方が多いようで、それがドラマの視聴率の低下につながってしまっているようですね。

そして、その批判の中で特に多いのが北川景子のアクションシーンに対する批判のようでした。

これまでにアクションをこなしたことがない北川景子に対して、無理やりアクションを施したドラマの内容は見るに耐え難く、「おぼつかない。」「見るに耐えない。」「迫力がない。」といったコメントがネットで見られます。

 視聴者の感想をネット上でうかがうと、脚本に賛否両論が上がる一方、頻出する北川のアクションシーンに対し「北川が血だらけになっていく様はある意味興奮するけど、アクションシーンに迫力がない」「暴力シーンが多すぎて、北川のアクションを見せたいだけのドラマって感じ」などと、否定的な意見が目立つ。さらに、「アクションシーンなら、大島優子のほうがよかった」と、前クールの『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』(TBS系)で主演を務めた大島を引き合いに出す視聴者も。

「主人公は、惨殺された妹の仇を取るために“自らを徹底的に鍛え上げた女性”であるため、北川はクランクインの1カ月半以上前から、キックボクシングやアクションのレッスンに打ち込み、さらにプロテインやアミノ酸を毎日飲んでいることを明かしていますが、残念ながら視聴者には物足りない様子。また、最近はアクションものが苦手な視聴者が増えているため、『ドラマは面白いんだけど、暴力シーンが……』と脱落した人も少なくない」(テレビ誌記者)

引用元:北川景子が「探偵の探偵」で見せる暴力シーンに拒否反応も – ライブドアニュース

一ヶ月以上も前からアクションシーンに備えたトレーニングをしてきたようですが、それでもアクションをやりきるには難しかったようですね。

逆に言えば、たった一ヶ月足らずでアクションを演じるほど、その道の分野は簡単ではなかったということなのでしょう。

初めてアクションシーンに挑戦した。

と言えば聞こえはいいですが、内容が伴わないのであれば、意味がありません。

厳しい意見が多くなるのも納得ですね。

今後はドラマの方向性を見つめなおさないと、視聴率回復は難しいように思えました。

以上「北川景子にアクションシーンは無理がありすぎる!?ドラマ「探偵の探偵」の視聴率が6.5%に…」についてでした。

スポンサード リンク

みんなの意見

  1. […] ますが、残念ながら視聴者には物足りない様子。 」「見るに耐えない。 [引用元] 北川景子にアクションシーンは無理がありすぎる!?ドラマ「探偵の探偵」の視聴率が6.5%に… | 噂の.com […]

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ