JR連続放火の犯人が逮捕!犯人は自称ミュージシャンを名乗る痛い人?

以前から都内の路線で連続放火が相次ぎ、話題となっていました。

これほど不審火が起ったことで、警察も本腰を入れて捜査した結果…ついに犯人が逮捕されたようですね。

一体なぜ犯人がこのようなことをしたのかはまだわかっていませんが、犯人の素性については判明しており、なんでも「自称ミュージシャン」を名乗る40代の男性だということです。

東京都内のJR施設で不審火が相次いでいる事件で、警視庁捜査1課は15日、威力業務妨害容疑で逮捕したのは東京都武蔵野市吉祥寺東町の自称ミュージシャン、野田伊佐也(いざや)容疑者(42)と発表した。

引用元:逮捕の男は自称ミュージシャン – 産経ニュース

犯人は威力業務妨害の容疑で逮捕されたわけですが、本人は犯行を認めてはいるものの、業務を妨害したとは思っていないのだとか…

とんでもない犯人ですね。

これまでの放火によって、どれだけの被害があったのかも理解していない様子です。

ネットでは、今回の騒動で犯人に請求される賠償金の金額に注目が集まっているようでした。

JRの運行に支障をきたしたわけですから、支払う金額はとてつもない高額になることでしょう。

犯人の男もそれをわかっているからこそ、罪を認めないのでしょうね。

自称ミュージシャンという肩書から察するに、歌手を目指したものの、自分の歌が評価されない世の中を恨んだのかもしれません。

それが放火という形で、犯罪に手を染めてしまったわけですが、果たして請求される金額はいくらになるのでしょうか?

今後の続報に注目です。

ツイッターの反応

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ