恋愛禁止をやめません?指原莉乃がアイドルの熱愛についてコメント!

近年の日本では「アイドルブーム」と言われているほど、多くのアイドルが活躍する時代となり、アイドルの数が大幅に増えてきました。

そんな中、あるアイドルグループのメンバーの女性が、異性との交際が発覚したことで、グループが解散したニュースが注目を集めていたのです。

この恋愛をしてしまったメンバーの女性に対して、事務所は「規約違反」という名目上、65万もの賠償命令を下していたのでした。

他のメンバーは、規約にあった「恋愛禁止」の掟を守り、アイドルとしての活躍を夢見て頑張っていたことでしょう。

そんなメンバーを裏切るようなことをしたわけですから、事務所がお怒りになって、賠償金を請求するのはもっともだと思います。

アイドルという仕事を考えると、ファンを第一に考えなければいけませんから、恋愛をすることでファンが離れて人気が落ちるのはわかりきったことですからね。

しかし!

そんなアイドル=恋愛禁止の掟について、HKT・指原莉乃の意見が注目を集めたようですね。

当該のアイドルに対して「問題はある。ファンの気持ちもわかる」と前置きしつつ、アイドル個人の恋愛事情が裁判沙汰になったことに「ここまで大きなことにするから芸能界がブラックなイメージになる」と苦言を呈した指原。

続けて「恋愛禁止ってやめません? ラフな口約束とかでいい。(賠償命令とか)そんなことになる? って思う」とボヤくと、司会の東野幸治に「それは秋元(康)さんに言って」と突っ込まれていた。

引用元:指原莉乃、恋愛禁止「やめません?」 交際発覚アイドル問題に持論

アイドルだって人間ですから、恋をするのは当然だといえます。

いくら規則で「恋愛をするな!」と命じられても、10代や20代の若い女性がそれを守るのは、とても難しい話といえるでしょう。

仙人育成所ではないのですから、自由に恋愛をさせてあげてもいいのでは?と思ってしまいますね。

もっともそんなことをしていては、アイドルグループの人気は落ちるばかりで、CDも売れないし、ライブに人も集まらないことでしょう。

確かにアイドルに「恋愛を禁止」を提唱するのはどうかと思いますが、アイドルグループの存続が「お金」で成り立つ以上、「お金」を投資するファンを第一に考えない限り、恋愛を許可するなど無理だと思います。

ファンの大多数が「恋愛してもいいよ。」というのであれば、話は別ですが、アイドルとなった以上、恋愛禁止の掟を受け入れなければ、活躍は見込めないはずです。

どこまで割り切れるか…これがアイドルとして成功する要素なのかもしれませんね。

ネットの反応

スポンサード リンク

みんなの意見

  1. より:

    アイドルだって女の子ですからねぇ・・・どうなんでしょうね。

    あなたの好きなアイドル、タレントさんにも彼氏がいるかも…
    見分けるためのチェックリスト
    http://matome.naver.jp/odai/2145434289609050901

  2. 匿名 より:

    もう恋愛解禁してもいいじゃないか 
    アイドルだって恋愛したいと思うこともある
    結婚したっていいじゃないか

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ