吉本実憂がゴリ押しされてる!?先輩の剛力彩芽と同じになるのでは?と話題に…

女優やタレントとして活躍中の吉本実憂ですが、最近は様々なところで活躍を目にするため、世間からの認知も増えてきているのではないでしょうか?

活躍が増えることで、注目度は自然と上昇していきますからね。

ですが逆にそれが、吉本実憂の評価を下げるのではないか?と言われているようです。

事務所の先輩である剛力彩芽と同じ道をたどる可能性がありますから、心配になりますね。

剛力彩芽といえば、事務所のゴリ押しによって、色々な批判を招いたことでも知られています。

Youtubeに投稿された自身の動画には、凄まじいほどの批判コメントが書き込まれてしまいました。

あまりのゴリ押しに、世間の怒りが爆発してしまったのです。

そんな剛力彩芽が辿った道を、吉本実憂も辿ろうとしているのですから、今後は批判が増えるのではないか?と心配になりました。

現在公開中の映画『罪の余白』(内野聖陽主演)では、ダーク・ヒロインとして出演。10月12日に放送開始したフジテレビの月9ドラマ『5→9~私が恋したお坊さん』では、イケメン僧侶で一橋寺の将来の住職である星川高嶺(山下智久)に結婚願望を抱く有力檀家の娘・足利香織役を演じている。

 吉本を最近やたら目にする気がするのも当然のことで、4月期『アイムホーム』(テレビ朝日系)、7月期『表参道高校合唱部!』(TBS系)と、実に3クール連続で連ドラ出演を果たしているのだ。

 ラジオでは3本のレギュラーを持ち、ヤマザキナビスコのCMにも起用されており、今やちょっとした売れっ子だ。

引用元:剛力彩芽の次は吉本実憂? オスカープロモーションが「ゴリ押し」か

事務所は過去の失敗から、剛力彩芽と同じ道を吉本実憂に辿ってもらいたくない。

と思っているものだと思いましたが、そうではないようですね。

むしろ今後も続く「全日本国民的美少女コンテスト」を使い、選ばれた方々をゴリ押し続けるのでしょうか…

それは流石に酷すぎるのでやめてほしいものですがどうなのでしょう。

世間の批判でくじけない心を鍛えるために、批判が集まるゴリ押しを適用しているのか、それとも世間の批判といっても、それほど本人に影響がないから続けるのか、いずれにせよ事務所がこの売り出し方を辞めるようには思えないので、今後も吉本実憂のゴリ押しは続いていくように思えました。

スポンサード リンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ