加藤茶の収入源に印税アリ?ホントはスゴイ収入が話題に…

加藤茶といえば、45歳の年齢差結婚を果たしたことで注目を集めた方です。

これほどの年齢差結婚をするということは、嫁さんは財産目的で結婚したのではないか?と噂になったわけですが、加藤茶はこれについて「財産はさっぱり無い!」と発言しました。

色々とトラブルがあったのか、既に過去に稼いだ収入はなくなり、今はなんとか仕事をして、生活費を稼いでいる状態のよなのです。

しかし、そんな加藤茶の金銭事情に、ある疑問が浮上したのです。

それは印税の存在でした。

かつてドリフターズが大人気だった頃、あの頃にハゲ頭とぐるぐるメガネが特徴の加藤茶の人形が爆発的に売れていたのです。

そしてこの印税は今も続いているのだとか…

加藤は元ドリフターズの中でも、キャラクターグッズで一番稼いでいるのだという。確かに、加藤のハゲ頭カツラ姿の人形は、全国のご当地ストラップにもなって、観光地やドライブインなどで売られている。同様のデザインを配した菓子などの土産物もある。また、通称「ガチャガチャ」と呼ばれる玩具販売機やクレーンゲーム用の景品としても、加藤のキャラクターグッズは100種類を超える。

「さらに、CDやDVDで定期的に再編集盤が発売される過去の音楽や映像なんかもあるから、こうした印税だけでも一般のサラリーマンの年収をはるかに超えるものがある」

引用元:加藤茶「財産ない」と発言も…関係者が指摘する「印税収入」の中身

つまりは加藤茶の財産は0でも、印税として入ってくる収入があるため、今後の生活は安泰だということでしょうか。

未だにグッズが売れているのであれば、今後も印税は入ってくるため、働かなくても生活を送っていけます。

ですが、それならなぜ加藤茶はあれほど地方巡業に勤しんでいたのかが謎ですね。

暮らしていけるほどのお金があるのであれば、もう老後の隠居生活を楽しんだほうがイイと思います。

にも関わらず、地方に行って仕事をしていたのですから、それほどのお金が必要だったということになりますね。

一体なぜそんなにもお金を必要とするのかは、嫁の綾菜さんにしかわからないことだと思いました。

以上「加藤茶の収入源に印税アリ?ホントはスゴイ収入が話題に…」についてでした。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ