和田アキ子に批判が殺到!出演番組がBPOの注意を受けても自分は無関係?

22日に放送された「アッコにおまかせ!」ですが、BPOから受けた勧告の件がネットで話題になったようですね。

以前に放送された番組放送で、「佐村河内氏」の作曲偽装問題について取り上げたところ、「普通に会話が成立」というテロップを表示していたのですが、確かな情報かどうかもわからないのに、このようなテロップを表示したため、視聴者の誤認を招く!とBPOから注意を受けたのでした。

これを受けて、番組スタッフが謝罪をしたのですが、あくまで謝罪をしたのは番組スタッフだけで、出演者である和田アキ子らは反省の言葉を述べなかったのです。

このことが大きな話題となり、

出演者として、スタッフと一緒に謝罪をするのは当然なのではないか?

とネットで批判が起こったのです。

昨年3月9日放送分で、十分な根拠を示さぬまま「普通に会話が成立」などと揶揄するようなテロップを挿入したため、BPOの放送人権委員会は今月17日に「名誉を毀損する人権侵害があった」と、同局に再発防止を努めるよう勧告した。

 そんな中、注目されたこの日の放送だったが、番組中の謝罪はなく、放送終了後に同局の国山ハセンアナウンサーが「勧告を真摯に受け止め、今後の番組作りに生かして参ります」と一礼。和田ら出演者は一切言及しなかったことから、ネット上では「メーンMCも一緒に頭を下げるべき」という意見が殺到した。

引用元:和田アキ子がBPO勧告にも謝罪せず 逆に制作陣にクレームか

番組出演者として、番組制作に関わっているのですから、出演者も謝罪をしたほうがいいのは、誰でも思うことだと思うのですが、なぜ謝罪をしなかったのでしょうかね。

これに関しては、悪いのは制作側で私たち出演者は被害者だという見解が、和田アキ子側にあるからのようです。

謝罪をすることで、和田アキ子らに批判が集まるのを避けた形をとったわけですが、逆にこれが批判を招いてしまったのですから、本末転倒といえるでしょう。

早いうちに謝罪をしたほうが良いと思うのですが、どうなることやら…

今後も番組内容を巡って色々とトラブルが起こりそうですね。

スポンサード リンク

みんなの意見

  1. Dina より:

    made a lot of sense. But, think about this, what if you added a little content? I mean, I dont want to tell you how to run your blog, but what if you added something to maybe get peoples atointetn? Just like a video or a picture or two to get people excited about what youve got to say. In my opinion, it would make your blog come to life a little bit.

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ