坪倉由幸に彼女はいるの?坂本冬美が嫁になる?

お笑いコンビとして活躍している我が家の坪倉由幸ですが、最近はメディアへの出演も増えてきているためか、ネットでの検索数が増えているようです。

世間の注目度がいかに高いかがわかりますね。

そんな、坪倉由幸について、実際にネットで検索をかけてみると…

彼女や嫁という関連ワードが表示されていました。

スポンサード リンク

年齢的なこともあり、そろそろ結婚したいと思っているでしょうから、結婚関連の話題について詮索する人が多いのでしょう。

検索数が増えるのもうなずけます。

そこで今回は、坪倉由幸のこれらの話題について調べてみました。

注目のブログ記事へ!

彼女はいるの?

お笑い芸人として活躍する坪倉由幸ですが、実は現在37歳なんだそうですね。

見た目が若くみえることもあり、とても30代にはみえませんでした。

ただ、坪倉由幸は37歳になった今も結婚はしておらず、未だに独身状態となっています。

おそらく本人は…

とにかく早く結婚したい!

と考えているのではないでしょうか?

なかなか相手に恵まれないのか、それとも出会いがないのかはわかりませんが、結婚願望があるのに、結婚できない状態が続くというのは、辛いことだと思います。

早く素敵な女性を見つけて結婚して欲しいと思うのですが、果たして今現在、彼女はいるのでしょうか?

そこで調べてみたのですが…

今、彼女がいるという情報はありませんでしたが、過去に女性と別れたという話は見つけました。

なんでも3年間ほど交際をして、同棲するまでに至ったものの、結局わ別れてしまったのだとか…

本人曰く、すれ違いが原因で別れたそうなのですが、相手の女性はとても献身的な方だっただけに、別れてしまったのはもったいなかったですね。

まさかとは思いますが、芸人として結婚できないことをネタにするために、別れたわけではないですよね?

そこまでして、笑いのネタを作ったとは思いませんが、坪倉由幸には、女性との別れた話のネタが多いような気がしたので、番組作りのネタに利用されている気もしました。

こうなると、本気で結婚する気があるのかどうかが、わからなくなってしまいますね。

スポンサード リンク

そもそも、結婚できない男性は、坪倉由幸ほど出会いはないと思います。

元・俳優として活躍していた坪倉由幸だからこそ、様々な女性との出会いがあるのでしょう。

ある意味、うらやましく思えますが、逆にそれが結婚する判断を鈍らせているようにも思えました。

次はない。というような覚悟で女性を決めて欲しいですね。

人気ブログランキングへ!

嫁にしたい女性は?

以前、坪倉由幸はテレビの番組企画で、歌手の坂本冬美に対して「マジ告白」というのをやっていました。

実は以前から、坂本冬美のことが好きだったという坪倉由幸と、坂本冬美をデートさせる内容の企画だったのですが、坪倉由幸はその企画で、かなり熱烈なアタックを仕掛けていました。

そして番組が終わってからも、連絡はとっているようで、時間をみつけてメールを送っているのだとか…

この坪倉由幸の行動から、かなり交際に意欲的な姿勢が伺えますね。

そして、この坪倉由幸の熱心な姿勢から…

坂本冬美は坪倉由幸の嫁になってしまうのか?

とネットで注目されたのです。

二人は11歳差も歳が離れており、なかなか考え方や行動が合わないと思うのですが、そんなこともないのでしょうかね?

番組では、坪倉由幸が積極的に坂本冬美に対して色々とアプローチをしたり、エスコートをしたりしていましたが、あの様子から本気で坂本冬美が好きなように思えました。

もしかすると、現在二人は交際している可能性がわずかにあるかもしれませんね。

ネットで話題のブログランキングへ!

まとめ

  • 坪倉由幸は結婚に強い意識を抱いている。
  • 30代になって、3年交際して、同棲までして別れた彼女とのエピソードがテレビで話題になった。
  • 坂本冬美が大好きで、以前テレビで坪倉由幸と坂本冬美でデートをしたことがあった。

人気歌手である坂本冬美が、もしも坪倉由幸と結婚したら、大変なことになりそうですね。

坂本冬美の印象が悪くなってしまうのではないでしょうか(笑)

そもそも大物歌手の女性に対して交際を申し込むこと自体、スゴイと思ってしまいます。

なかなか普通の人では、そのような告白もデートのお誘いも、坂本冬美を前にしたらできないと思いますから、ある意味では、坪倉由幸も大物なのかもしれません。

ただ単に、無神経で空気を読んでいないだけかもしれませんが(笑)

いずれにせよ、今後果たして坪倉由幸の結婚は実現するのかどうか、そして坂本冬美との関係はどうなるのかに注目ですね。

以上「坪倉由幸に彼女はいるの?坂本冬美が嫁になる?」についてでした。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ