恵俊彰の育児論に疑問の声「俺には向いていない!」

31日に放送された「ママたちが非常事態!? ~最新科学で迫るニッポンの子育て~」にて、タレントの恵俊彰のある発言が注目を集めました。

そこで出演者たちの子育て論が語られ始めた際に、恵俊彰がおむつ交換に挑戦したエピソードを明かしたのです。

果敢に挑戦したのは良かったのですが、結果的にうまくおむつを交換うまくできなっかったため…

俺には向いていない

と強く感じたのだとか…

しかし!

そんな恵俊彰の思い込みに対して、子供を持つ虻川美穂子が「お母さんはそれでも拭かなきゃいけない」と反論したのです。

恵も子どものおむつ交換に一度だけチャレンジしたことがあるという。その結果、排泄物が子どもの背中をつたって、首筋に達してしまったそうで、それでも何とか拭いているうちに全身が大変なことになってしまったそうだ。この惨事に直面して、恵は「あっ、オレには向いていない」と懲りてしまったようである。

すると、虻川は「違うんですよ、向いてないんじゃないんです!」「お母さんはそれでも拭かなきゃいけない」と異議を唱える。眞鍋も虻川に乗っかり、「そうなんです!」と同意していた。

引用元:恵俊彰が育児に協力しなかった過去を告白 北陽の虻川美穂子は反発

恵俊彰は以前から子育てに関して本を出版するほどの持論を持っていました。

それだけに、子育てに関しては手馴れているような印象を受けていましたが、虻川美穂子の一言でその印象が砕かれてしまったように思えます。

おむつも変えないような旦那が偉そうに言うな!

と言えますね。

こればかりは虻川美穂子の言ってることが正しいですから、弁護の仕様がありません。

今回の一件で、実際に子育てを行う母親側からしてみれば、恵俊彰の子育て論の評判はそれほどでもないように思えてしまいました。

ですが、それでも4人の子供の父親として、奥さんとともに子育てをしてきたことを考えると、子育て論が全部違っているわけではないでしょう。

Amazonにある恵俊彰の本の評価を見ると、1人しかレビューをしていませんが、それでも満点の☆5だったので、ある程度の評価は得ているのだと思いました。

恵俊彰の本・親父の役目

スポンサード リンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ