嫌いな夫婦一位に木村拓哉・工藤静香夫妻がランクイン!!SMAP解散騒動が原因か?

週刊文春が行った「嫌いな夫婦アンケート」が話題になっています。

というのも第一位に木村拓哉・工藤静香夫妻がランクインしてしまったのです。

SMAP解散後の活躍が不安視される木村拓哉にとって、最悪の結果となってしまいました。

SMAP・木村拓哉(44)と工藤静香(46)夫妻が、またしても2人揃って注目を浴びている。『週刊文春』(文藝春秋)が行った読者アンケート「嫌いな夫婦」で、ぶっち切りの1位を獲得してしまったのだ。

「総数約3600票の回答を集計した結果、木村&工藤夫妻は639ポイントで堂々のトップでした。2位には前回1位の石田純一(62)&東尾理子(41)がランクインしているものの、得票数は356ポイント。3位の片岡愛之助(44)&藤原紀香(45)も352ポイントなので、木村・工藤のズバ抜けた嫌われっぷりが分かる結果に業界は騒然となっています」(スポーツ紙記者)

引用元:SMAP木村拓哉と工藤静香夫妻が文春の「嫌いな夫婦」1位に 業界は騒然 – ライブドアニュース

解散を一度回避したかのように見えたSMAPでしたが、最終的には解散するに至りました。

・謝罪会見の中、木村拓哉がリーダーの中居正広に変わってセンターに立っていたこと。

・他のメンバーとの事務所に対する不一致な見解

これらが世間の不信感を買ってしまい、結果的にイメージダウンとなったようですね。

しかしながら、そもそもこのアンケートの存在意義を疑問視する意見も多数あるようです。

このようなアンケートを公開するってどうなの?

そう思う人も多いようです。

ですが「嫌いな夫婦一位」に選ばれたことで、世間が二人に嫌悪感を抱いていることがはっきりしました。

解散後の木村拓哉はどうなってしまうのか?

イメージの払拭を図るのは難しそうに思いました。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ