石橋貴明の嫁って誰?鈴木保奈美とは再婚なの?子供は女優なの?

タレントとして活躍中の石橋貴明ですが、ネットで検索をかけてみたところ…

「嫁」や「子供」、そして「鈴木保奈美」といった関連ワードが表示されていました。

大物タレントとして今も活躍を続ける石橋貴明だけに、プライベートについて調べる人が多いようですね。

スポンサード リンク

特に家族関係の話題について調べる人が多いようでしたので、今回はこれら石橋貴明の話題について調べてみました。

人気ブログランキングへ!

嫁は誰なの?

石橋貴明の画像

引用元:石橋貴明の写真

大物タレントの石橋貴明ですが、は一体どんな女性なのでしょうかね?

石橋貴明ほどになると、相手の女性もそれなりにスゴイ方なのだろうと思ってしまいます。

そこでネットで石橋貴明の嫁さんについて調べてみたのですが…

なんと驚くべきことが判明しました。

というのも実は、石橋貴明は一度離婚を経験していたのです。

つまりは2度結婚を経験されていたのですから、ビックリしましたね。

そんな石橋貴明が最初に結婚した女性は、モデルの「まさよ」でした。

この「まさよ」さんについてですが、今では詳しい素性については不明で、1988年に結婚したということと、「まさよ」さんがモデルをしていたということぐらいしかわかりませんでした。

ただし、職業が「モデル」とのことなので、おそらく仕事を通じて知り合ったといのだと思われます。

そしてその10年後となる1998年には、女優の鈴木保奈美と2度めとなる結婚を果たしました。

鈴木保奈美とは、石橋貴明の番組に出演した際に知り合ったようです。

現在のところ、鈴木保奈美との関係は良好のようで、今も夫婦を続けていることから、離婚の心配はなさそうに思えます。

話題のネット記事はこちら!

子供は女優?

石橋貴明についてですが、実は子供が4人もいるそうなのですね。

最初に結婚したまさよさんとの間に1人、そして鈴木保奈美との間には3人の子供がいるそうです。

驚いたのが、まさよさんとの間にできた娘さんは、なんと今では女優になっていたということでしょうか。

娘さんは石橋穂乃香という名前で活動しており、映画やドラマにて活躍されているのだとか…

母親の「まさよ」さんは、自分と離婚した後に、石橋貴明が再婚をした影響から、まさよさんは娘を連れて海外に移住をしていたのです。

ですが、海外に移住してからも、石橋穂乃香はずっと「日本の芸能界に入る」という意思を持っていたようで、ある日、自分が石橋貴明の娘だということを隠して映画のオーディションを受け、見事合格し、映画に出演を果たすことで女優デビューを果たしていたのですから驚きですね。

石橋穂乃香は、両親が離婚してからも、父親である石橋貴明とは何度か合っていたとコメントしていることから、定期的に芸能人である父親と合うことで、芸能界への憧れが強くなっていったのだと思われますね。

スポンサード リンク

ちなみに…

石橋穂乃香は仕事が終わった後に、父親に毎回仕事内容を報告をしているのだそうです。

親が芸能人だと、コネを使って活躍している印象がありますが、石橋貴明は「応援はするけど、協力はしない。」と娘に言ったそうで、決して甘やかせたりはしていないようでした。

当然といえば当然なのでしょうけれど、明石家さんまのIMALUに対しての扱いを考えると、見習って欲しいと思いました。

ネットで話題のブログランキングへ!

まとめ

  • 石橋貴明は2度結婚している。
  • 最初に結婚したのはモデルの「まさよ」で、次に結婚したのが女優の鈴木保奈美。
  • 娘は女優の石橋穂乃香。

今も活躍を続ける石橋貴明ですが、最近は以前よりも活躍する機会が減ってきているようで、テレビで見かけることが少なくなりましたね。

少し前まで放送されていた笑っていいとも!に出演した際に、木梨憲武と一緒にいいとものレギュラーにさせてくれと、タモリに直談判している姿は印象的でした。

かなり仕事がなくなってきてるのだと思いましたね。

そもそもとんねるずの二人のギャラは、かなり高額だと聞きます。

ただでさえ、視聴率がとれずに番組予算が減ってきている昨今のテレビ業界で、二人を起用するということは、あまりに負担が大きいことでしょう。

ましてや、出演させたからといって、必ず高視聴率を取れるというわけではありませんので、今後はさらに厳しい扱いが続くかもしれません。

果たして今後はどうなってしまうのか…

石橋貴明の活躍に期待したいですね。

以上「石橋貴明の嫁って誰?鈴木保奈美とは再婚なの?子供は女優なの?」についてでした。

スポンサード リンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ