林剛史は韓国が大好き?彼女は木下あゆ美なの!?

俳優の林剛史ですが、最近はあまり活躍をきかなくなったこともあり、ネットで検索する方が増えているようですね。

皆さんおそらく、林剛史の最近の動向を知りたくて、気になっているのでしょう。

ファンであるならば、無理もありませんね。

スポンサード リンク

そんな林剛史を実際にネットで検索してみると…

「韓国」と「彼女」、そして「木下あゆ美」などといった関連ワードが表示されました。

気になったのは、木下あゆ美と彼女というワードでしょうか。

一体二人はどいう関係なのか、そして交際関係にあるのかどうか…

今回はそんな林剛史の恋愛事情と韓国好きかどうかについて、調査してみました。

話題のブログ記事はこちら!

韓国好きなの?

林剛史について検索をかけると、「韓国」という関連ワードが表示されますね。

まるで韓国とつながりがあるのか、韓国好きなのかと思えてしまうわけですが、真相はどうなのでしょうか?

気になって調べてみたところ、どうやら林剛史のブログのタイトルに関係があるようです。

というのも林剛史のブログのタイトルは、「オソオセヨ」という言葉になっているのですが、これは韓国語で「いらっしゃいませ」という意味なんだそうです。

たぶん、ブログを見に来てくれた人に対して、挨拶をしているのでしょうけれど、なかなか聞き慣れない言葉と、ニュアンスで、違和感を覚えた読者が…

林剛史は韓国好きなのかな?

と思ったことで、この「韓国」という関連ワードが表示されるようになったようですね。

ちなみに林剛史は、過去に韓国料理店に行った時の様子をブログに掲載していることもあるため、かなり韓国文化に対して興味があるように思えました。

でなければ、自分のブログのタイトルを韓国語にしたりはしませんからね。

意外に韓流好きだということに、驚きました。

人気ブログランキングへ!

彼女は木下あゆ美?

林剛史の恋愛事情について、彼女がいるのかどうかを調べるファンが多いようですね。

大手掲示板サイトには、林剛史が女性何人かと一緒に歩いているところを見かけたという情報までありました。

しかしながら、そこには男友達もいたため、単に仲の良いグループで行動していただけに思えましたので、一概に彼女がいたとは思えません。

そもそもこれまでに、熱愛スキャンダルが報じられていない以上、交際相手がいると断言はできませんからね。

それに出会いの多い芸能界ですから、キレイな女性と一緒に歩いているだけで、一般人から見たら彼女と一緒にいたと勘違いされても無理はないでしょう。

そんな林剛史の事情を考えると、彼女がいる可能性はかなり低いと思われますね。

しかし!

ネットでは、もしも交際している確率が高い女性がいるならば、かつて一緒に「デカレンジャー」で共演を果たした女優の木下あゆ美が一番可能性が高いと思われるため、「木下あゆ美」と林剛史は付き合っていると言われているようです。

スポンサード リンク

俳優が交際相手を見つける場合、おなじ職業である女優を選ぶ場合が多いと思います。

というのを考えると、木下あゆ美と林剛史が交際している可能性は否定出来ませんが、残念ながら木下あゆ美は既に結婚されており、子供も居るため、林剛史とのつながりは、単なる友達でしかないと思いました。

このことから、仮に林剛史に彼女が居たとしても、木下あゆ美ではないことが分かりますね。

注目のブログ記事へ!

まとめ

  • 韓国好きというよりは、単に韓国料理が好きなだけかもしれない。
  • 彼女がいる可能性は低い。
  • 木下あゆ美は既に結婚して、子供がいる。

かつては「特捜戦隊デカレンジャー」のデカブルー役として、活躍していた林剛史ですが、今となっては、あの頃の輝きを失いつつあるように思えました。

時が経過するにつれ、どんどん活躍が減っているわけですから、

いったい何があったのか?

と思ってしまいました。

おそらくですが、デカレンジャーに出演を果たしたことで、天狗になってしまい、遊びに夢中となり、レッスンやオーディションをさぼるようになったのではないでしょうか?

林剛史の関係者ではないので、断言はできませんが、その可能性は十分にあると思えます。

今は舞台に出演していたりするようですが、林剛史のブログを見ると、更新があまりないことから、仕事は徐々に減っているのかもしれません。

(※逆に仕事が忙しすぎて、更新するヒマもない。という解釈もできますが…)

いったい何が林剛史を変えてしまったのでしょうかね。

一度売れたからといって慢心せずに、もう一度初心に戻ってレッスンを受け、色々なオーデションに参加して、役を掴んで欲しいと思いました。

以上「林剛史,韓国,彼女,木下あゆ美,」についてでした。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ