的場浩司の嫁は誰?娘を溺愛しすぎてる?安達祐実とはどんな関係?

俳優の的場浩司が話題になっているようで、ネットで検索数が上昇しているようですね。

そんな的場浩司について、実際にネットで検索をかけてみたところ…

「嫁さんはどんな人?」

「娘を溺愛しているの?」

「安達祐実とはどんな関係?」

などといった話題がもりあがっているようで、的場浩司について検索すると「嫁」や「娘」、「安達祐実」といった検索ワードが表示されていました。

スポンサード リンク

そこで今回は、これら的場浩司の話題について調べてみました。

注目のブログ記事へ!

嫁はどんな人?

ネットで的場浩司について検索をすると、嫁さんについて調べる人が多いことから、検索ワードに「嫁」というワードが表示されますね。

人気俳優として活躍する的場浩司だけに、私生活を気にかけるファンが多いようで、特に嫁さんがどんな女性なのかを皆さん詮索しているようでした。

そこで、的場浩司の嫁さんは一体どんな女性なのかを調べてみたところ…

どうやらごく普通の一般人だったようですね。

二人が結婚したのは1997年のことでした。

当時OLとして働いていた奥さんは、的場浩司の一途な人柄に惚れたようで、そのまま結婚してしまったようです。

芸能界の中でも硬派な男として知られる的場浩司だけに、そんな人と結婚できた嫁さんはさぞ幸せでしょうね。

的場浩司はその後、嫁さんとの結婚をきっかけに、大きく変わることができたと話していました。

二人の間に子供が産れた後、辛そうにしている嫁さんを気遣い、的場浩司は家事をすようになったのです。

全ては嫁さんの負担を減らしたいという想いからでした。

旦那さんがこんな素晴らしい方だと、夫婦関係もさぞ良好でしょうね。

今後も幸せな家庭を築いていって欲しいと思いました。

人気ブログランキングへ!

的場浩司が娘を溺愛?

的場浩司に子供が生まれたことで、娘を溺愛しまっくているとネットで話題になっているようですね。

カワイイ我が子を見れば、どんな親でも溺愛したくなるものだと思うのですが、的場浩司の場合、かなりの溺愛っぷりだったために、その様子が注目を集めているようです。

的場浩司いわく、

「娘に彼氏ができたらと思うと…」

などと語っており、愛する娘を他の男に渡すことが耐えられない様子が伺えました。

以前に、テレビ番組で娘の彼氏のふりをした司会者を睨んだこともあるそうなのですから、かなりの溺愛っぷりが伺えますね。

もしも、好きになった女性の父親が的場浩司のような父親だったらと思うと、結婚を申し込む側としても、辛いとおもうのですがどうなのでしょう。

スポンサード リンク

箱入り娘にしないためにも、娘さんには自由な生活を与えてあげて欲しいと思いました。

ネットで話題のブログランキングへ!

安達祐実とはどんな関係?

的場浩司について検索をすると表示されるのが、「安達祐実」というワードです。

このことから、まるで二人は親しい関係のように思えるわけですが、果たして真相はどうなのでしょうか。

気になったので二人の仲について調べてみたところ…

どうやら本当に二人は親しい関係のようですね。

安達祐実は的場浩司のことを「兄貴!」と呼んでいるようで、以前に自身のブログで的場浩司とロケに行ってきた様子を綴っていたのですが、そこでは的場浩司のことを「兄貴!」と呼んでいました。

さらに、そこには以前に的場浩司の家族と遊んだこともあると書かれており、プライベートでも交流がある様子が伺えました。

的場浩司は、芸能界では頼れる兄貴となっているようですね。

井戸田潤も的場浩司のような、頼れるところがあれば今頃は…

などと思うと、なんだか残念に思えました。

ネットで話題のブログランキングへ!

まとめ

  • 的場浩司が結婚した嫁さんは一般人で、元OL。
  • 娘を溺愛しており、もしも彼氏ができた日には、その彼氏とケンカを起こしそうな溺愛っぷりが伺える。
  • 安達祐実とはプライベートでも交流があり、的場浩司は「兄貴!」と呼ばれている。

男らしい性格で、周りの人から頼りにされている様子が伺える的場浩司ですが、一つだけ苦手なものがあるそうですね。

それはズバリ「虫」なんだとか…

昔、住んでいたアパートにゴキブリが一匹でてきたことがあったそうなのですが、それをきっかけに引っ越したほど、虫がダメなんだそうです。

なかなかゴキブリが得意という人は居ないと思いますが、だからといって住む場所を変えるというのは、相当な虫嫌いだと思いました。

頼れる兄貴にも意外な弱点があったのですね。

以上「的場浩司の嫁は誰?娘を溺愛しすぎてる?安達祐実とはどんな関係?」についてでした。

スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ